柳瀬株式会社
254/374

ヘアーライン加工金属表面のスクラッチ除去、表面仕上スクラッチの除去下地研磨仕上げ研磨スクラッチの除去にはジルコニア・コーンZ#36を使用します。大きな溶接部分に使用する場合、あらかじめハッピーTOPなどのペーパーディスクで面を平らにしておきます。次の作業手順として、ユニロンコーンを使ってワークの表面の下地研磨を行います。ユニロンフラップ#80を使ってオシレーション研磨*を行い、ヘアライン処理を行います。縦方向に短い間隔で工具を上下させながら横方向に移動させていく事により継ぎ目のない仕上げが可能となる研磨方法です。マスキング片側部分の研磨留継ぎ研磨ステンレスカバープレートを45度の位置に貼り付けて養生します。片側にヘアライン加工を施します。次にもう片方の面から留継ぎ研磨を施します。ユニコーンZを取り付けてスクラッチを除去します。ゴムコーンホルダーにユニロンコーンを装着して表面を整えます。ユニロンフラップを装着してヘアーライン加工で仕上げます。ステンレスカバープレートを所定の長さにカットします。裏面の保護紙を剥がして、プレートを留め継ぎ部分より若干外側に貼り付け、やや広めに研磨幅を取ります。マスキングされていない片側部分からヘアライン加工をします。ステンレスカバープレートの境界で止めずに通過させるようにして研磨してください。下地研磨や荒研削の場合、ステンレスカバープレートの境目部分が破損しないように丁寧に研磨してください。片側の加工が終わったら、ステンレスカバープレートを剥がし、反対面に貼り付けて再度マスキングを行います。この時も留継ぎ部分よりも若干外側にプレートを貼り付けて、研磨面を多めにとってください。また研磨する際はプレートの境界で止めずに、全体的に均一に研磨してください。P.259使用例:ユニロンコーン♯120P.258使用例:ユニコーンZP.259使用例:ユニロンコーンP.257使用例:ユニロンフラップP.259使用例:ユニロンコーン♯120※オシレーション研磨とは?123123パワーコングの使用方法ココがポイントナッちゃんのぜひ読んでね!ディスクグラインダー用研磨用ディスクGPサンダー&ストレートホイールペッタン&マジックパットカップブラシダイヤカッター&ディスク軸用超硬ダイヤ砥石ペーパーナイロンブラシバフ手作業工具砥石シート研磨剤その他手作業工具その他機械用ベルトグラインダー用オービタルサンダー用切断機用ミニディスク用両頭グラインダー用ヘアラインサンダー用ダイヤモンドホイールその他電動機械その他エアーツールマンドレール253www.yanase-saving.com/検索ケンマのヤナセ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です